前章からのつづきになります。

→ 前章・家族の定義と、機能不全家族について

アダルトチルドレンは、機能不全家族から生み出されるといいます。

この機能不全家族について、わかりやすくお伝えしていきましょう。

機能不全家族には、次のような特徴があります。

・家族のメンバーの安全が守られない
・適切な保護が与えられない
・一人一人の人格が尊重されない

親の都合ではなく、子どもの視点から見て、家族として機能していないことをいいます。

機能不全家族とは、子どもの立場から自分が認識するものです。

それを踏まえた上で、次のポイントをチェックしてみましょう。

自分が育った家族をふり返り、もし当てはまる項目があるようなら、それは子どもであるあなたにとっては安心・安全な家族ではないのです。

また、自分がアダルトチルドレンであると認定するのも、自分自身です

それは、機能不全家族で育ったアダルトチルドレンであることを自ら自覚し、そこから自分を変え、新しい生き方を選択していくために用いられる言葉なのです。

【機能不全家族のチェックポイント】

□ 身体的・性的・精神的虐待の起こっている家族
□ 夫婦間や嫁姑間の仲が悪い家族
□ 怒りの爆発する家族
□ 愛のない冷たい家族
□ 親の期待が大きすぎる家族
□ お金や仕事、学歴のみが重視される家族
□ 他人の目を気にする、表面だけがよい家族
□ 秘密が多い家族
□ 親と子どもの関係が逆転している家族
□ 子どもを過度に甘やかす家族
□ 依存症(アディクション)のある家族
□ 他人(兄弟姉妹を含む)と比較される家族
□ 親が病気がち、留守がちな家族
□ 情緒不安定な親のいる家族

次は、これらの事象が家族に及ぼす影響について考えていくことにしましょう。

→ 機能不全家族で育った子どもは