「機能不全家族」の記事一覧

自尊心が低い人は

アダルトチルドレン インナーチャイルド 摂食障害 機能不全家族 自尊心

自尊心をテーマに、前章より引き続き、私自身の体験を基に綴ってみたいと思います。 「自分に自信がある」「自分は自尊心が高い」という度合いは、自分からはなかなか見えにくいものです。 ですが、他人を見た時には、これがとてもわかりやすくなります。

自尊心が低い原因

アダルトチルドレン インナーチャイルド 摂食障害 機能不全家族 自尊心

摂食障害をはじめとする心身症やアダルトチルドレンの問題の原因には、「自信のなさ」が根本にあるといえます。 自信とは、イコール自尊心と言い換えられます。 私たちは、生まれてから幼少期を過ごす過程で、この自尊心を育むことが最も重要になるといっても過言ではないでしょう。

心身症を改善するために ~頭痛の体験・2

アダルトチルドレン 心身症 摂食障害 機能不全家族

私が心身症と見られる頭痛を緩和するために試した2つめの方法は、セロトニンのサプリメントを摂ることです。 ドリンクタイプのサプリなのですが、とても効果を感じるので、寝つきが良くない時や、何かストレスを感じた時に飲むようにしています。 今回も、このサプリを飲むことで、緊張性の頭痛がすーっと収まりました。

心身症を改善するために ~頭痛の体験・1

アダルトチルドレン 心身症 摂食障害 機能不全家族

心身症とは、病気というより、「心がストレスに耐えきれなくなり、体に症状として現れた状態」と捉えることができます。 実際、管理人である私も、摂食障害の他にもさまざまな症状を経験しています。 現在もちょうど心身症と呼べるような頭痛の症状を体験しましたので、その経験と対処法について、こちらでシェアしたいと思います。

機能不全家族に役立つ読本 その1

アダルトチルドレン 心身症 摂食障害 機能不全家族

私は心理カウンセラーとして、メールで悩み相談を受けることがあるのですが、ご相談者の方はどこか優れたところのある方が多いな、という印象を受けます。 礼儀正しく、メールの文面もしっかりしていますし、自分の思いや状況を伝えよう、解決しようという気持ちが伝わってきます。 悩みを抱えてしまう人というのは、感受性が強く、真面目で努力家なため、周囲の問題を引き受けがちになってしまったり、がんばりすぎてしまうことが多いようですね。 当サイトを訪れてくださる方の中にも、そのような方がきっと多いのではないかと想像しています。 そんな感受性をお持ちの方に、ひとつご紹介したい本をみつけました。

機能不全家族に役立つ読本 その2

アダルトチルドレン 心身症 摂食障害 機能不全家族

アンネは日記の中で、こんなふうに綴っている箇所があります。 「空、雲、月、星などを眺めると、心が静まり、辛抱強くなるのは、わたしの想像だけではありません。 それは強壮剤よりも効き目のある薬です。 母なる自然はわたしを謙虚にし、どんな苦しみにも勇敢に耐えるようにしてくれます。」

機能不全家族からの克服の記録

アダルトチルドレン インナーチャイルド 心身症 摂食障害 機能不全家族

前回の記事では、このサイトの管理人である私と母親との関係について、エピソードを綴ってみました。 それから、頭ではわかっていても、感情的にスッキリしないものがあり、眠りも浅くなるような状態になってしまいました。 そして、図書館へ資料を探しに行った時、医療関係のコーナーに、ある漫画の本をみつけました。

機能不全家族と母親について 3

アダルトチルドレン インナーチャイルド 心身症 摂食障害 機能不全家族

子どもの頃は、母親がどんな人間かを客観的に把握することなどできませんし、その支配下から逃れる術もありません。 しかし、今はそうではありません。 こうした出来事があると、かえって母親という人間をよく観察する機会にもなるのですね。 母親がどんなことで気分を害するのか、どんな反応でどんな行動を取るのか、そこで結局何を得たいのか・・・。 そのことを冷静に知ることで、今度は自分の意思や感情、行動を「選ぶ」ことができるのですね。

機能不全家族と母親について 2

アダルトチルドレン インナーチャイルド 心身症 摂食障害 機能不全家族

・・・これが、私の幼い頃からの、変わらない母親のパターンです。 子どもの頃は、こんな時、母親を怒らせてしまった自分が悪いと、自分自身を責め、母親の機嫌を取り戻そうと必死でした。 そして、自分の思いが伝わらない、いつもこちらの伝えたいことを捻じ曲げて解釈されてしまう、そして非難・攻撃をされてしまう、という葛藤に苦しんでいました。

機能不全家族と母親について 1

アダルトチルドレン インナーチャイルド 心身症 摂食障害 機能不全家族

先日、テレビを見ていたら、摂食障害の女性を特集していました。 彼女の痩せ方も衝撃的でしたが、その背景には、母親との関係があるようでした。 摂食障害の多くは、母親との関係に根があるとは、よく言われていることですね。 非常に厳格だったり、監視が厳しかったり、支配的だったり、といった母親像がよく語られます。

ページの先頭へ