「アダルトチルドレン」タグの記事一覧

インナーチャイルドを癒すために

アダルトチルドレン インナーチャイルド 機能不全家族

もし、アダルトチルドレンであることで苦しみを抱えているなら、専門家の適切なケアが必要です。 なぜなら、この問題を抱えていると、どんどん負のスパイラルから抜け出せなくなり、いつも人や場所を変えて同じようなパターンをくり返すことになるからです。

インナーチャイルドの声を聴く

アダルトチルドレン インナーチャイルド 機能不全家族

「リラックスしようと思っても、なかなかうまくリラックスできない」 「自分の気持ちを素直に表現できず、つい気持ちと逆のことを言ってしまう」 「他人の問題まで、自分の責任として引き受けてしまう」 「お気楽に過ごしている人たちを見ると、なんだか腹が立ってしまう」 これは、インナーチャイルドを抱えたまま大人になり、生きづらさを感じているアダルトチルドレンの姿です。

インナーチャイルドとは

アダルトチルドレン インナーチャイルド 機能不全家族

私たちの心の中、潜在意識の中には、インナーチャイルドが存在しています。 インナーチャイルドとは、「自由にのびのびと振る舞うことを許されなかった、傷ついた子どもの部分」のことです。 子どもは誰でも、子どもらしく過ごすのが本来の姿のはずです。 感情や興味を自由に表現し、疑問や納得できないことについて素直に話し、自分の感覚で人を信じたいというのが、自然な願いです。

アダルトチルドレンの2つのタイプとは?

アダルトチルドレン 機能不全家族

アダルトチルドレンは、次の2つのタイプに分けられます。 1. 機能不全家族のうち、親に肉体的、精神的に虐待され続け、自己肯定感を全く得られない状態で育ったアダルトチルドレン このタイプは、親からマイナスの態度や言動を取られ続けたり、または無関心や無視という態度が続いた状態により、強烈な自己否定が拭えなくなります。 2. 機能不全家族のうち、家庭内のメンバーの仲が悪かったり、冷たい空気が漂っているなど、何か問題を抱えていて、そのため唯一子どもが、バランスの取れた大人として振る舞わなければいけなかったアダルトチルドレン

機能不全家族で育った子どもは

アダルトチルドレン 機能不全家族

機能不全家族で育った子どもは、家族の中でつねに緊張し、安心感やリラックス感が得られない時間を過ごしてきています。 そのため、家族内での暗黙のルールが子どもに伝わり、子どもの自分が、子供らしく振る舞ってはいけないと、自分を抑えるようになってしまいます。 その暗黙のルールとは、次のようなものです。

機能不全家族とは

アダルトチルドレン 機能不全家族

アダルトチルドレンは、機能不全家族から生み出されるといいます。 この機能不全家族について、わかりやすくお伝えしていきましょう。 機能不全家族には、次のような特徴があります。 ・家族のメンバーの安全が守られない ・適切な保護が与えられない ・一人一人の人格が尊重されない 親の都合ではなく、子どもの視点から見て、家族として機能していないことをいいます。

家族の定義と、機能不全家族について

アダルトチルドレン 機能不全家族

アダルトチルドレンについて考えていく時には、機能不全家族がそのベースにあるといわれます。 この機能不全家族について見ていく前に、そもそも家族とは一体何なのでしょうか。 日本でアダルトチルドレンという言葉を提唱した精神科医の斎藤学氏は、家族について、こう定義しています。 「子を ①産み ②育てて、それを ③手放すという機能を持つ集団」 そして、これらのどこかに齟齬が生じている場合を「機能不全」と考えています。

ページの先頭へ