Pocket

心身症にはさまざまな症状があります。

心がなんらかのストレスに耐え切れず、症状となって現れたものであれば、全て心身症と見なすことができます。

ここでは、近年増えている摂食障害を中心に、ご紹介していきたいと思います。

摂食障害でよく知られているのが、次の2つの症状です。

1. 神経性食欲不振症
2. 神経性大食症

どちらも、思春期から成人期早期に発症する例が多いのが特徴です。

食欲に関する症状が表に出てきますが、胃腸やその他の消化器官には全く異常がみられず、神経性の障害と位置づけられています。

1. 神経性食欲不振症(拒食症)

神経性食欲不振症の主な症状は、自発的に極端な食事制限をすることと、それに伴う体重減少です。

昔から若い女性に多い病気ですが、戦後からは若い男子にもこの症例が見られるようになりました。

特徴としては、自分が痩せすぎていることを認めようとせず、もっと痩せたいという願望を強く抱いていることが挙げられます。

見た目やスタイルに対する理想が現実離れしており、その理想像に近づくために食事を拒否したり、食後に嘔吐や下剤の濫用などの行為が見られます。

この状態が継続するにつれ、体が衰弱し、体脂肪や筋力の低下、ホルモン分泌異常による生理の停止、体毛が薄くなる、などの身体症状が現れてきます。

さらに症状が進行すると、食事を受け付けられなくなり、生存が危うくなることもあります。

2. 神経性大食症(過食症)

神経性大食症は、短時間に大量の食べ物を食べるむちゃ食いが見られ、自分の意志では止められない状況に陥る症状のことをいいます。

これは、1で紹介した神経性食欲不振症や極端なダイエットの反動として見られることもあります。

太ることに対する恐怖や、痩せたい願望が強く、極端な食事制限を自分に課すのですが、最終的に体が飢餓状態になり、食べずにはいられない状態になります。

大食した後は、自ら嘔吐したり、下剤を濫用するなどの行為が見られます。

また、これによって挫折感と自己嫌悪に苛まれ、抑うつ状態や自己否定に陥りやすいのも特徴です。

どちらも、完璧主義的な性格の持ち主や、生育歴になんらかの問題があり、アダルトチルドレンである場合などが多く見られます。

このどちらも本人には病気の自覚があまりないため、家族や周囲の人が気づいたら放置せず、一刻も早く専門機関に相談するなどの対処が必要です。